下痢やお腹が痛いのは冷えが原因?効果的な治し方を紹介!

お腹の痛み

食当たりや病気以外での下痢やお腹の痛みは、冷えである可能性も高いでしょう。この場合、お腹を温めることですぐに症状が改善されることが多いです。手っ取り早いのは腹巻をする、温かい飲み物を飲む、ホッカイロをお腹にはる、といった方法です。

冷たい床に直接座ることは避け、カーペットを敷くなどお腹を下から冷やさないことも重要です。お腹は外からもですが内側からも冷えてしまいます。

スポンサーリンク

冷えの治し方や対策について

冷え性 食べ物

夏場など冷たい飲み物や食べ物ばかりを好んでしまっていると、下痢やお腹が痛くなる原因になってしまいます。できるだけ温かいものをとり入れることで症状は緩和されていきます。摂取したい食品としては、冬野菜などが最適です。冬野菜は体を温めてくれる作用があるからです。特に根菜系がいいと言われています。大根などですね。

夜更けや明け方に冷えることが多い季節は、ベッドの中を暖かくしたり温かい恰好をして眠ることで症状が改善されます。冷えが気になる人は、お腹周りをあたたかくできるタイプのパジャマを着てみるのも効果的です。

様々な対策がありますから、色々と試してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする