長時間歩くと膝が痛い原因や対処法について

膝の関節

長時間歩くと膝が痛い原因、それには大きく分けて3つあるそうです。ここでは、その原因と対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

歩くと膝が痛くなる原因は?

膝のストレッチ

1つ目は、腿の外側の筋肉がちゃんと稼働していなくて柔軟性も足りていない。2つ目は、腿の前側の筋肉が使えていなかったり弱かったりすること。そして最後に腿の後ろ側の柔軟性が足りていないことです。

つまり、簡単に言うと『腿の筋肉が足りていない』『上手く稼働していない』『柔軟性が足りていない』ということですね。

膝が痛い時の対処法について

では、長時間歩いて膝が痛くなった時、どうすればいいのか。答えは、『足を鍛えて柔らかくすること』です。腿を中心としたストレッチ、エクササイズ、ヨガなどをできれば毎日続けることです。

⇒ 膝の痛みのストレッチ【動画】

ストレッチやヨガは馬鹿にされがちでもありますが、負荷を調整できるうえに場所も大してとらず、なおかつ きちんと続ければ本当に効果の高い運動です。ストレッチのように下半身を鍛える運動もありますが、まずは膝に負荷がかかりすぎない柔軟系の運動から始めてください。

最初は膝に痛みを感じるかもしれませんが、痛みを感じたらお休みしましょう。体重が多すぎても膝に負担が来ますから、体重管理も並行するとよりいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする