MENU
本ページはプロモーションが含まれています

『丸ノコ』どこに売ってる?ホームセンターの価格や販売店

DIYや木工作業をする方にとって、適切な工具は欠かせません。その中でも、丸ノコは多くのホームセンターで人気のあるアイテムです。

丸ノコは、木材の正確な切断や角度調整が可能であり、プロの大工さんから初心者まで幅広いニーズに応えています。しかしながら、丸ノコの価格はブランドや機能によって異なります。

この記事では、人気のあるホームセンターの中から丸ノコの価格とどこに売ってるなど紹介します。

目次

丸ノコの価格について

丸ノコは、木材や金属板などを円形に切断するための工具です。以下は、丸ノコの価格に関する情報です。
電動丸ノコの価格比較ができるサイトがあります。価格.comでは、全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較することができます。

価格.comでは、2023年6月の電動丸ノコ人気売れ筋ランキングが掲載されています。今売れている人気製品をランキングから探すことができます。卓上丸ノコの価格比較もできます。

マキタの電動丸ノコ製品一覧によると、価格帯は2万円前後から10万円以上まであります。

卓上丸ノコ MS-190PA 外径190mmチップソー付属 傾斜角度0~45° PAOCK(パオック)などがあります。充電式の丸ノコもあります。価格.comでは、マキタのKS511DZなどが掲載されています。

丸ノコどこで売ってる?

丸ノコを購入する場所は、以下のような場所で購入することができます。
ホームセンター(島忠ホームズ、カインズホーム、ケーヨーデイツー、ビバホーム、ジョイフル本田、コメリなど)
家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、ノジマ、エディオン、ケーズデンキ、ベスト電器など)
金物屋
インターネット
中古工具販売店
丸ノコを購入する際には、自分の用途に合ったものを選ぶことが大切です。また、修理やアフターサービスについても考慮することが重要です。

売れている おすすめ商品

ネットや楽天で売れている、口コミや評判の良いおすすめの商品を紹介

created by Rinker
¥18,282 (2024/04/25 22:49:00時点 楽天市場調べ-詳細)

丸ノコの口コミ

丸ノコが安い店舗

以下は、丸ノコが安い店舗に関する検索結果です。
ウエダ金物は、マキタ、日立(HiKOKI)、リョービなどの人気メーカーの丸ノコの最新人気機種を紹介しています。
esn-spain.orgは、マキタの充電式丸ノコ165mm 40Vが最安値クラスで販売されていまつぃた。また、同じサイトでは、マキタのスライド丸ノコM244が低価格で販売されていることも報告されています。
optimeyes.aiは、リョービの電子内装丸ノコが販売されていました。
Mariza Foodsは、マキタのスライドマルノコ盤LT610が販売されていました。
kcs-bca.jpは、マキタの125mm充電式丸ノコが安く販売されていました。
以上の情報を参考に、丸ノコを安く購入できる可能性がある店舗を探すことができます。

丸ノコとは?

丸ノコは、円盤状の超硬チップの付いたチップソー(刃)を回転させて材料を切断する電動工具です。手ノコやジグソーに比べて圧倒的に早く切断が可能で、動力源としてはコード式と充電式があります。

丸鋸ガイド等を利用することで手ノコよりも高い精度で切断を行うことができます。直線カットが得意で、正しく使うことで他の工具では難しい「材料を正確綺麗にまっすぐ」カットすることが簡単にできます。ただし、材料の切断中にカーブすることはできず、曲線には向いていません。また、刃が高速回転するため、危険な道具とされています。

丸ノコの種類について

丸ノコには、手持ちタイプと卓上タイプの2種類があります。手持ちタイプは自由に動かせるため、長い距離のカットや持ち運びに便利です。一方、卓上タイプは刃が固定されているため、高い精度が必要な斜めカットや2×4材・1×4材などを大量にカットする場合に優れています。

また、電動丸ノコには、取り替えが可能なノコ刃には金属用、樹脂用などがあり、加工する材料によって使い分けができます。ノコ刃はいくつか直径の大きさがあり、代表的なのは145mm、165mm、190mmの3種類で、サイズに比例して切り込みが大きくなります。丸ノコの種類については、手持ち式丸ノコ、卓上丸ノコ、スライド丸ノコがありますが、手持ち式丸ノコは木工用として使われることが多いようです。また、充電式マルノコは、現在もっとも多く使われている丸ノコの一つです。

丸ノコのサイズについて

丸ノコのサイズは、ノコ刃の外径サイズによって決まります。以下は、丸ノコのサイズに関する情報です。
手持ちで使う丸ノコは、取りつけるノコ刃の外径サイズによって85mm、125mm、147mm、165mm、190mmの種類があります。


木工DIY部では、丸ノコの規格サイズとして125mm、147mm、165mm、190mmの4サイズが定義されています。
丸ノコ本体のサイズと同じサイズの刃を選ぶのが基本的な選び方です。丸ノコ本体の表記は、刃の外径サイズで表記されています。例えば、丸ノコ本体のサイズが165mmなら、外径が165mmで内径が20mmの刃を選びます。
木工用の手持ち式の丸ノコは、刃のサイズによって125mm、165mmなどとラインナップが分かれています。大きい刃の方が、より深く切断できますので厚みのある木材を切断できますが、刃が大きいほど本体も大きくなるため、扱いにくくなる場合があります。


メジャーな丸ノコのサイズとしては「147mm」「165mm」「190mm」の3つがあります。165mmが、扱いやすさ、切断できる木材のサイズ、パワー、替刃が豊富などの面でバランス良くおすすめされています。
切り込み深さで変わるのは、切断できる材料の大きさです。125mmよりも165mmの方が刃が大きいので、125mmの丸ノコ刃より、深く切り込むことができます。”

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次