MENU
本ページはプロモーションが含まれています

『H鋼』はどこに売ってる?ホームセンターの価格や販売店

ここでは、H鋼がホームセンターで販売されているかどうか、価格や販売店についてご紹介します。H鋼の購入を検討している方にとって、ホームセンターでの取り扱い情報は重要です。

H鋼の価格や販売店の情報を知ることで、効率的な購入が可能となります。さまざまなホームセンターでの取り扱い状況を調査し、その結果をお伝えします。

目次

H鋼の価格について

ここでは、H鋼の価格についてご紹介します。H鋼は建築や構造物の製作に広く使用されています。

H鋼の価格は、サイズや市場状況によって変動します。2023年4月12日時点での基準単価は、重量1.0kg当り330円(税込)ですが、品サイズによって単価倍率が異なります。

また、過去の価格データからも、H鋼の価格は時期やサイズによって変動しています。

  1. 100×100サイズ:104,000円
  2. 150×150サイズ:105,000円
  3. 200×200サイズ:105,000円

また、日本製鉄のH形鋼販売価格は、物件や値上げ姿勢によっても変動しています。最新の価格情報や詳細については、販売業者やメーカーにお問い合わせいただくことをお勧めします。

H鋼どこで売ってる?

H鋼は、モノタロウや教えて!、住まいの先生、横山テクノ、土屋鋼材、Amazonなどの場所で販売されています。これらの場所で、H鋼を購入することができます。

売れている おすすめ商品

ネットや楽天で売れている、口コミや評判の良いおすすめの商品を紹介

created by Rinker
¥5,600 (2024/04/25 11:59:58時点 楽天市場調べ-詳細)
H鋼作業台 穴あけ加工 作業台 金床  100×100×6×8mm L=250mm

H鋼の口コミ

H鋼が安い店舗

ここでは、H鋼が安い店舗についてご紹介します。H鋼は建築や構造物の補強に使用される重要な材料ですが、価格は店舗によって異なります。安い店舗を見つけるためには、複数の店舗を比較することが重要です。また、インターネットや建築資材の専門誌などを活用することもおすすめです。
横山テクノ鉄 H形鋼材(SS400)黒皮材 各品サイズ 切り売り 小口販売加工
鉄 軽量H形鋼材(SS400) 赤錆止め塗装既製品 切り売り 小口販売
全国発送対応で、お見積り無料です。
鋼材や一般鋼材、条鋼類、加工切断品をお求めやすいお値段で販売。
ヤフオク!「h形鋼」の落札相場・落札価格を確認できます。
ジモティー形鋼の中古品を激安で譲ります・無料であげます。
peruix.netTOPキャッチクランプクイック37自在 20個(鉄骨H鋼)を販売しています。
以上の店舗でH形鋼を購入することができます。

H鋼とは?

ここでは、H鋼について解説します。H鋼は、鉄骨構造物の主要な構造材料の一つであり、その特徴は高い強度と耐久性です。H鋼は、建築や橋梁などの大規模な構造物の製造に広く使用されています。

H鋼とは、断面がローマ字の「H」の形をした重量鉄骨の一種で、形鋼とも呼ばれます12。H鋼は、以下の特徴があります。

  • 断面効率が高い: 重量当たりの曲げ剛性や曲げ強度が優れています。
  • 低価格: 断面性能が高く、コストパフォーマンスに優れています。

H鋼は、さまざまな用途で使用されており、主な利用用途は以下の通りです。

  • 建築物の構造体: S造やSRC造の柱や梁、二次部材(小梁、間柱、耐風梁など)に使用されます。
  • 橋や船舶の構造体: 橋梁や船舶の骨組みに使用されます。
  • 道路の杭基礎: 高速道路や建築物、岸壁、橋梁などの基礎杭に使用されます。

H鋼の種類について

H形鋼は、鉄骨造によく使われる鋼材で、断面がHの字型になっています。H形鋼には、ビルドH鋼、外法一定H形鋼、JIS-H形鋼などの種類があります。

H形鋼は、柱や梁、小梁や間柱といった二次部材など、様々な用途があります。特に、大梁や小梁、柱などの用途があります。柱よりも梁に使用されるケースが多い部材で、断面性能が大きく接合がしやすいため、一般的に使用される部材となっています。

H形鋼は、断面性能が大きく、価格が安いことからバランスの良い部材となっており、広く普及しています。そのため、建築だけでなく船舶や橋梁などの構造材、岸壁や建築物、高速道路などの基礎杭としても利用されています。

H形鋼の種類には、ビルドH鋼、外法一定H形鋼、JIS-H形鋼などがあります。これらの種類によって、使用する場面や性能が異なります。

H鋼のサイズについて

H形鋼について詳しい情報があります。

H形鋼の規格はJIS G 3192で設けられています。H形鋼の寸法は、H-せい×幅×ウェブ厚×フランジ厚のように表記されます。この表記方法は、日本工業規格で規定されています。

H形鋼の標準寸法については、日鉄スチールのウェブサイトに詳細が記載されています。そこで、H形鋼の各サイズに関する情報を確認することができます。

また、H形鋼は高さと辺の関係によって、細幅・中幅・広幅に分類されます。これは、H形鋼の使用目的や強度によって異なるサイズが必要とされるためです。

以上の情報から、H形鋼のサイズは、H-せい×幅×ウェブ厚×フランジ厚の形式で表記され、日本工業規格で規定されています。また、H形鋼は高さと辺の関係によって、細幅・中幅・広幅に分類されます。

このような情報がありますので、H形鋼について詳しく知りたい場合は、日鉄スチールのウェブサイトなどを参考にすると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次