MENU
本ページはプロモーションが含まれています

【消火器】ホームセンターでの値段は?売ってる販売店など調査

消火器を購入する際に気になるのは、ホームセンターでの値段や販売店の情報ではないでしょうか。

消火器の値段や取り扱い店舗について調査しましたので、ご紹介します。

消火器ホームセンターでの値段

ホームセンターでの消火器の値段は、種類や容量によって異なります。一般的に最も普及しているのは10型の消火器で、各メーカーの定価は18,000円程度ですが、ホームセンターではより安い価格で購入できることがあります。

以下は、いくつかのホームセンターでの消火器の価格例です。

– ナフコオンラインストア:
– 蓄圧式ABC消火器10型 KLD-10Nが5,080円
– 蓄圧式ABC粉末消火器 3型 KLD-3が3,680円

– カインズ: 価格情報は記載されていませんが、消火器を取り扱っています。

– ロイヤルホームセンター公式ロイモール: 価格情報は記載されていませんが、消火器や消火剤、火消しスプレーなどを取り扱っています。

– コーナン: ドライケミカル消火器収納箱10型1本用 NB-101が4,081円(税込)

ネットやホームセンター、防災会社で購入した場合の価格を比較することで、最も安い消火器を見つけることができます。消火器を購入する際は、必要なタイプや容量を確認し、価格や取り扱い店舗を比較検討してください。

売れている おすすめ商品

ネットや楽天で売れている、口コミや評判の良いおすすめの商品を紹介

created by Rinker
¥9,805 (2024/02/24 17:56:24時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

消火器の口コミ

ホームセンターで販売している消火器の種類

ホームセンターで販売されている消火器には、主に以下の種類があります。

1. 粉末タイプの消火器:ABC火災に対応しており、万能型として広く使われています。

2. 強化液タイプの消火器:ABC火災に対応し、人に優しく、使用後の片付けが粉末より簡単です。

3. エアゾールタイプ:厳密には家庭用消火器ではなく、「エアゾール式簡易消火具」や「スプレー」とも呼ばれます。中の薬剤は粉末・強化液のほか、二酸化炭素や「ハロン」というガスが使われます。

それぞれの消火器は、火災の種類によって最適なものが異なります。例えば、キッチンで起きる火災には「エアゾールタイプ」が適しており、油火災に強い「液体消火器」があります。また、初期消火や消火器の補助になる簡易タイプもあります。

消火器を選ぶ際は、自宅での使用目的や火災の種類に応じて、適切なタイプを選ぶことが重要です。また、消火器の使用期限や処分方法にも注意してください。

消火器売ってる場所や取扱店について

消火器を購入する場所や取扱店については、以下のような場所で取り扱っています。

– ホームセンター: コーナン、コメリ、カインズなどの全国展開している大手店舗で取り扱っています。

– 消防・防災設備店: 専門店でも消火器を購入することができます。

– 家電量販店: 一部の家電量販店では取り扱っている場合がありますが、お取り寄せが必要な場合もあります。

– ネット通販: アマゾンなどのオンラインショップでも購入できますが、価格や信頼できるショップかどうかを確認することが重要です。

– 車載消火器の場合: オートバックス、イエローハット、ジェームス、タイヤ館などで取り扱っています。

ただし、市販の場合、店舗によって取り扱いがない、在庫がない(お取り寄せなど)などの可能性があるため注意が必要です。また、ネット通販で購入する場合は、価格や信頼できるショップかどうかを確認することが重要です。

消火器が安い店はどこ?

消火器が安い店を探している場合、いくつかの選択肢があります。

1. カインズ: 家庭用強化液消火器に関しては、カインズが一番安いとされています。

2. ネット通販: 楽天市場やAmazonなどのネット通販サイトでも消火器を購入することができます。

3. ホームセンター: 消火器の購入手段として、ホームセンターも身近な場所ですが、最安値というわけではありません。

消火器の値段を比較して一番安く買う方法については、ネットやホームセンター、防災会社で購入した場合の比較記事があります。また、Amazon.co.jpでは、さまざまな価格帯の消火器が取り扱われています。

最適な消火器を見つけるためには、価格だけでなく、消火器のタイプや使用期限、処分方法なども検討することが重要です。選択肢を比較検討し、自分に適した消火器を見つけてください。

消火器の期限について

消火器の使用期限については、いくつかの異なる情報がありますが、一般的には以下のようになっています。

– 設計標準使用期限は製造年からおおむね10年です。
– 業務用消火器の中身の有効期限は8年です。
– 一般家庭で所有する消火器の容器の耐用年数はおおむね8年が目安で、粉末消火器の薬剤詰替はおおむね5年ごとが目安です。

消火器を安全に使用するためには、以下の点に注意してください。

1. 安全ピンの有無を確認する。
2. レバーが壊れていないか確認する。
3. キャップや本体底部に錆や傷がないか確認する。
4. ホースに傷やひび割れがないか確認する。
5. 圧力ゲージのついている消火器は、圧力を示す針が緑色の範囲内にあるかどうか確認する。

消火器の使用期限が切れた場合、中身の粉が固まってしまい、いざというときに噴射ができなくなる可能性があるため、必ず期限内に交換や耐圧性能点検を行ってください。

消火器でホームセンター引き取りについて

消火器の引き取りについては、ホームセンターで新しい消火器を購入する際に無料で引き取ってもらう方法があります。ただし、このサービスは新しい消火器を購入するお客様に限られています。主なホームセンターでこのサービスを提供しているのは以下の通りです:

– カインズ
– コーナン
– ビバホーム

消火器の処分方法は以下の通りです:

1. ホームセンターでの無料引き取り: 新しい消火器を購入する際、古い消火器を無料で引き取ってもらう方法です。
2. 消火器リサイクルセンターでの処分: 消火器を買い替えずに処分だけしたい場合、消火器リサイクルセンターで処分する方法があります。

ホームセンターでの無料引き取りを利用する場合、以下の点に注意してください:

– 使用期限(耐用年数)が過ぎていないか確認してください。
– 消火器が黒く変色していないか、塗装が剥がれていないか、フタが破損していないか、操作レバーが変形していないか、ホースにひび割れがないか、安全栓が確実に装着されているかを確認してください。

ホームセンターで消火器を購入する際に無料で引き取ってもらう方法は、買い替えを検討している方にとってお得で手軽な方法です。ただし、処分だけを希望する場合は、消火器リサイクルセンターで処分する方法を検討してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次