MENU
本ページはプロモーションが含まれています

【鶏糞】ホームセンターでの値段は?売ってる販売店など調査

鶏糞ってどのくらいの値段なんだろう?ホームセンターで買えるのかな?そんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

実は、鶏糞はホームセンターでも販売されています。今回は、鶏糞の値段や販売店について調査しましたので、詳細をご紹介します。

この記事でわかること
  • 鶏糞の値段
  • 鶏糞の種類
  • 鶏糞の販売店
目次

鶏糞とは?

鶏糞(けいふん)とは、ニワトリの糞を乾燥させて作った有機肥料の一種です。鶏糞には、植物の生長に必要な窒素、リン酸、カリウムがバランスよく含まれており、即効性に優れているため、元肥としてだけでなく追肥としても使用できます。化学肥料を使わずに野菜を育てたい方におすすめです。

鶏糞の特徴と使い方

  • 成分: 鶏糞は窒素、リン酸、カリウムがバランスよく含まれています。
  • 効果: 鶏糞は有機栽培にも使用でき、有機肥料としては比較的価格が安く、効果も早く現れ、扱いやすい肥料です。
  • 使い方: 鶏糞は元肥としてだけでなく、追肥としても使用できます。

鶏糞を使用する際の注意点としては、発酵鶏糞や鶏糞堆肥を利用することで、肥効率や即効性の高さを活かし、化学肥料と同じような使い方ができる点が魅力です。ただし、適切な使い方や注意点を理解して使用することが重要です。

炭化鶏糞 とは?


炭化鶏糞とは、鶏糞をおよそ800℃の高温で炭化させた有機物由来の肥料です。炭化鶏糞の特徴は以下の通りです。

  • 鶏糞特有の臭いが全くなく、室内・ベランダでも使えます。
  • 虫も寄ってこない。
  • 発酵鶏糞と比べ効果が高いと言われています。
  • 炭の土壌改良効果が期待できます(通気性の向上・土中微生物の活性化・根腐れ防止・ミネラル補給・酸性土壌のpH矯正など)。

炭化鶏糞は果樹、野菜、花木、草花栽培に適しており、発酵させずに炭化させることで、追肥にも使いやすく、一般家庭の菜園などでも使用しやすいのが特徴です。

鶏糞 ホームセンターでの値段

ホームセンターでの鶏糞の値段は、商品のタイプや容量によって異なります。

  • 発酵鶏糞:100円程度で売られているものがありますが、値段が上がって120円くらいになることもあります。
  • 鶏ふん(粒)1kg:ホームセンター コメリドットコムでは、税込みで398円で販売されています。
  • 細粒状醗酵けいふん 15Kg:ホームセンタービバホームでは、価格が表示されていませんが、店舗の価格と異なる場合があります。
  • 醗酵鶏ふん ペレット 約15kg:楽天市場では、3,200円で販売されています。
  • 醗酵 けいふん 15Kg:ホームセンター通販のカインズでは、税込みで148円で販売されていますが、在庫が限られている場合があります。

これらの価格はあくまで参考であり、実際のホームセンターでの価格は店舗や地域によって異なることがあります。購入を検討される際は、最寄りのホームセンターで直接価格を確認することをお勧めします。

売れている おすすめ商品

ネットや楽天で売れている、口コミや評判の良いおすすめの商品を紹介

created by Rinker
¥1,110 (2024/02/23 17:25:50時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,380 (2024/02/23 17:25:50時点 楽天市場調べ-詳細)

鶏糞の口コミ

ホームセンターで販売している鶏糞の種類


ホームセンターで販売されている鶏糞の種類について、以下の情報が見つかりました。

  1. 完熟鶏糞:完熟させた鶏糞で、使い勝手が良いとされています。
  2. 発酵鶏糞:発酵させた鶏糞で、肥料としての効果が期待できます。
  3. 堆肥化した鶏糞:堆肥化させた鶏糞で、有機物を豊富に含んでいます。

これらの鶏糞肥料は、コメリなどのホームセンターや園芸店で販売されており、通信販売でも購入できます。また、100円均一ショップでも取り扱いがあることがあります。

鶏糞は即効性に優れた肥料で、元肥としてだけでなく追肥としても使用できます。化学肥料を使わずに野菜を育てたい方におすすめです。

鶏糞売ってる場所や取扱店について


鶏糞は、様々な場所で購入することができます。以下にいくつかの取扱店や購入方法をご紹介します。

  1. ホームセンター: コメリなどのホームセンターで鶏糞が販売されています。
  2. 園芸店: 近所の園芸店でも鶏糞を購入することができます。
  3. 通信販売: インターネットで鶏糞を購入することも可能です。大量に鶏糞を手に入れたい場合に便利です。
  4. 農場直販: 一部の農場では、鶏糞を直接販売しています。例えば、丸山農場では県内の数箇所で小売販売を行っています。

価格については、店舗や商品によって異なります。例えば、近所の園芸店で売られている発酵鶏糞は20リットルで98円ですが、インターネットで同量の発酵鶏糞を500円で購入できる場合もあります。違いについては、商品の品質やブランド、販売ルートなどが影響している可能性があります。

また、醗酵(発酵)処理済みの鶏糞は、植物の生育障害を引き起こす可能性が低く、臭いも大幅に緩和されているため、選ぶ際にはこうした特徴を考慮してください。
・鶏糞の値段は?「コーナン」「コメリ」「ナフコ」「カインズ」との料金比較
鶏糞の値段について、検索結果ではコーナン、コメリ、ナフコ、カインズの料金比較は見つかりませんでした。しかし、一部のホームセンターでの肥料や培養土の価格比較があります。以下に示します。

  • カインズホーム: 種まき培土40Lが1480円
  • コメリ: 種まき培土40Lが980円
  • ビバホーム: 種まき培土40Lが1059円
  • セキチュー: 種まき培土40Lが1166円

また、発酵鶏糞15kgの価格比較があるものの、具体的な価格は記載されていませんでした。バーク堆肥については、コメリやカインズ、コーナンなどのホームセンターで購入できることがわかりましたが、価格情報はありませんでした。

鶏糞の値段については、各ホームセンターの公式ウェブサイトや店舗に問い合わせることで、正確な情報を得ることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次