山登りの服装はユニクロが人気!? 買っておくと良いものは何?

山登りの服装

山登りの服装はユニクロが今人気になっています。何といっても安いからです。

山登りする場合、できれば気軽に楽しみたいものです。お金をかけずに賢く楽しめる登山を考えると、まっさきに浮かぶのが、服装などの装備です。出来るだけお金をかけずに登山を始めるなら、服装はユニクロなどで手に入れるとよいです。

スポンサーリンク

初めての登山は普段着がオススメ

登山の服装

最近では若者でも登山をする人、仕事を定年した人など…登山客が増加傾向にあると言う話を聞いたことがあります。初心者の方は、最初から高機能の物を揃えるのではなく、なるべく速乾性が高く動きやすいような普段着や、普段使用しているスポーツウェアなどがあればそちらで代用する事をおすすめします。

初心者の方は色んな山を登って経験を積む事で、登山中にどのような体温か気温かの変化を覚える事ができて、その時初めて自分にあったウェアを購入すればいいと思います。これは必要、これはいらないなどの理解も経験と同時に身に付くと思います。それまでの数回は、自分の持っているスポーツウェアなんかはとても使いやすいと思いますよ。

しかし忘れてはいけない登山のポイントは、重ね着をする事です。これは初心者の方でも頭に入れておいてください。山は気温の変化が激しく、汗などもかきます。雨なら雨専用のウェア、汗をかきやすいなら通気性のいいウェア…など、その日のコンディションにあった服装選びをしましょう。

山登りの服装は「重ね着」が基本!

レイヤード 服装

天候にもよりますが登山中は暑い、寒いの差が激しいものです。日差しや風の有無によっても体感温度が大きく変わってきます。登山の服装の基本は重ね着です。

暑いとき汗をかいたときは上着を脱いだり、速乾性のあるウェアを着る、雨の時は水分を弾くまたは水分を通さないウェア、寒いときは保温性の高いウェアといった体温調整ができるウェアがそれぞれ売っています。重ね着をしてその時の気候に合った服装選びをしましょう。

登山 重ね着

重ね着を正しく使いこなす事で、体温調整がうまくいき楽しい快適な登山になると思います。重ね着は「ベースレイヤー」「ミッドレイヤー」「アウター」の3つが基本になります。

「ベースレイヤー」
直接肌に身に着ける物の事です。アンダーウェア、下着がこのベースレイヤーになります。汗をかいても素早く吸収し体温が奪われる事を防いでくれるウェアです。冬場は保温性を高める事ができるので寒い時期の登山にも利用できます。

「ミッドレイヤー」
ベースレイヤーの上に着る服です。汗を発散させる役目と保温の効果があります。汗を大量にかく場合はミッドレイヤーを着る必要はありません。状況に応じて脱いだり着たりを調節するのがベストです。

「アウター」
雨や風から体を守ってくれて、内部から発生する汗の透湿性も十分な上着の事です。しかしこのアウターは秋や冬に主に活躍します。特に冬の雪山を登る際に防風防寒性だけではなく、丈夫な素材でできているので冬場には必需品です。

このように、山は平地と比べると気温や気候が全然違います。ウェアを重ね着する際は薄手の服を選び、そこから上に重ねていき、暑い場合は脱げるようにうまく体温調整しましょう。何度も脱いだり着たりすることを考えてコンパクトに収納できるウェアを選ぶと、より快適に登山を楽しめるかもしれませんよ~。

ユニクロで買える山登りの服装は?

ドライEXシリーズ 値段

買っておくと良いものは、ユニクロの【ドライEXシリーズ】です。この商品は、登山ウェアに必要な速乾性に優れていて、素材も100%化学繊維なので登山ウェアに最適です。値段も990円で、アウトドアメーカーと比べると圧倒的に安くなっています。ドライEXのフルジップパーカーも買っておくと良く、風が強い時などに上から羽織ることができます。

女子なら、エアリズムUVカットメッシュパーカーがおすすめです。これは女性用のパーカーで、メッシュなので傷みには弱いですが、秋山の登山には結構使えます。

ユニクロ 登山服
山登りの服装をアウトドアブランドで全部揃えようとすると、かなりのお金がかかってしまいます。なるべくお金をかけずに装備を揃えたいのであれば、ユニクロがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする