右肩が痛い原因は?病気の可能性もあるの?

肩こり 原因

「肩凝りは持病…」というような方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?生活スタイルや仕事の影響などで肩凝りが慢性化している人は多くいますが、特に右肩が痛いくらい凝っていて困るというような人もいるかもしれませんね。ですが、右肩だけが痛いという場合には、実は注意が必要です!!その理由は後半で!!

スポンサーリンク

右肩の痛みは病気が原因?

肩の痛み

実は右肩の痛みや凝りは、肝臓や胆のうなどの疾患によっても引き起こされてきます。

右肩は肝臓や胆のうとつながっています。肝臓に疾患がある場合には、肝臓の上にある横隔膜が刺激を受けるために右肩の動きが悪くなってしまいます。動きが悪くなることで右肩が凝ってしまうんです。さらに、胆のうに疾患がある場合には、右肩から右の肩甲骨に掛けてとても強い痛みを感じる事があります。また、右の上腹が非常に激しく痛むという特徴もあります。

病院は何科に行くべき?

胆嚢の疾患

ただの肩凝りと思わずに、右肩だけが異常に凝る、他にも何か思い当たる症状がある場合には、一度整形外科ではなく、内科を受診してみることもお勧めになってきます。

凝りというのは、実は他の疾患が隠れていることもあることは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする