「野菜玉」は冷凍すれば日持ちする!?作り方や使い方はこちら♩

野菜玉

野菜って体にいいのはわかっていますが、なかなか摂取しづらいですよね。色々な種類の野菜を一度に取るのも難しいですし、野菜もたくさん買うことはできないし、早めに食べないとダメになりそうだし…と思っている方に朗報ですよ!

「野菜玉」を知れば、野菜もたっぷり摂取できるし、お手軽便利に料理にも使えます。お野菜も無駄なく、日持ちさせることができますよ!ここでは、「野菜玉」について、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

時短&節約になる「野菜玉」とは?

野菜玉 時短
画像引用元:https://cookpad-video.jp/videos/1637

ところで、「野菜玉」ってなんだろう?と思っている方も多いのではないでしょうか?

「野菜玉」とは、自分の好みや手元にある野菜をみじん切りしたものや細かく切ったものを茹でてまとめて冷凍したものです。時間のとれる週末やお仕事のお休みの時に作っておけば、平日や忙しい時にサッと使えて便利な作り置き食材ですよ♪

おまけに刻んであるので野菜もたくさん摂れて体に嬉しく、お野菜も無駄なく使えてお財布にも優しい食材です。

野菜玉のオススメ食材や作り方は?

【動画】

野菜玉にオススメの野菜は、やっぱり定番の使いやすいキャベツ、玉ねぎ、白菜、大根、人参やもやし、しいたけなどが使いやすく、手にも入りやすいのでオススメです。

作り方も簡単!キャベツなどの葉野菜はざく切りにし、玉ねぎや人参など薄く切って耐熱容器に入れて、軽くラップや蓋をしたら、電子レンジ600Wで4分間ほど加熱します。加熱したら、全体的に混ぜ、適当に使いやすい量をひとまとめにし、ラップで包んで粗熱が取れたら、冷凍庫にいれて出来上がりです。

冷凍でストックすることで、保存でき、一度、加熱してあるので調理時間が短縮できますね♪加熱した野菜を混ぜる場合、一緒に使用しやすい野菜をまとめたり、レシピごとにまとめたりするのもオススメです。

野菜玉を使ったレシピはこちら

野菜玉のレシピ
画像引用元:https://news.cookpad.com/articles/16896

そんな野菜玉を使った時短レシピをご紹介します。ホントに便利で簡単なので、ぜひ作ってみてください。

野菜たっぷり摂れるお味噌汁は、好みの野菜玉とだしの素を入れ、野菜玉がほぐれたら、お味噌を入れて出来上がり♪また、キャベツやニンジンなどの野菜玉を解凍し、オリーブオイル大匙2、マヨネーズとお酢各大匙1、カレー粉小匙1に砂糖小匙1を加えて混ぜ、塩コショウと粉チーズで味をととのえたら出来上がり!

ほんと野菜を使うメニューにいろいろ使えますよ♪

野菜玉の保存方法について

野菜玉の保存方法
画像引用元:https://oceans-nadia.com/user/26633/article/754

野菜玉は基本的に冷凍で保存すれば日持ちしますが、きちんと保存しなければ、せっかく作っても腐ってしまったりすると使えなくなってしまうので、保存するときには清潔に心掛けなければいけません。清潔な保存容器を使用する!野菜玉を触る場合には手で直に触らない!など気を付けて作り置きしましょう♪

現代人が一日に必要な野菜の量はなんと350gです。一言で350gといってもなかなか摂取することは出来ません。そんなときにこの野菜玉を作っておけば、簡単便利にお野菜を摂ることが出来ていいですよね。

野菜玉の大きさも一日の摂取量でまとめておくと何も考えなくても、それだけで一日分の野菜をとることができちゃいます。忙しいあなたに「野菜玉」が絶対に便利なのでオススメです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする